ホルモン療法が効く男性更年期障害の症状と早漏の関係

近年の医学では男性更年期障害という症状も比較的多いとされています。男性更年期障害とは男性ホルモンのテストステロンが低下して様々な症状を引き起こす疾患のことを言います。通常男性ホルモンのテストステロンは精巣が産生するホルモンの1種です。テストステロンは男性の体の様々な機能を司り、心身ともに健康に過ごすためには欠かせないホルモンです。なんらかの影響でこのテストステロンが低下すると、体に様々な症状を引き起こします。主な症状は性欲減退や発汗・ほてりや疲労感などがあります。また人によってはうつ病のような精神的症状を併発することも少なくないようです。また男性の性生活でもお悩みの1つである早漏症も症状の1つだとされています。早漏とは男性特有の性の悩みで、性行為の際に自分の意志とは反して早急に射精に達してしまう状態を指します。一般的には膣内に挿入して30秒から1分程度で射精に達してしまう状態を早漏症と言うようです。早漏症はパートナーとの円満な性生活を営むためには、当人にとっては非常に深刻でナーバスな問題です。早漏症も症状の1つとされる男性更年期障害の検査には、血中のテストステロンを測定することで診断が可能です。効果的な治療としてはホルモン療法が知られています。ホルモン療法とは男性ホルモンを外部から補充する方法を指します。具体的には筋肉注射や経口薬・塗り薬などの治療法があるとされています。国内では一般的にホルモン療法と言えば、注射が主に用いられる方法の1つです。3~4週間ごとに筋肉注射を行い、3ヶ月程度を目安に治療の効果を判断します。効果のほどは人それぞれですが、ホルモン療法は男性更年期障害の治療には非常にポピュラーな方法です。